資料集 日本軍にみる性管理と性暴力 フィリピン1941~45年

¥ 5,184

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

資料集 日本軍にみる性管理と性暴力 フィリピン1941~45年

戦地性暴力を調査する会(編)
発行:梨の木舎
A5判   252頁  上製
定価 4,800円+税

本書は防衛省防衛研究所図書館の、フィリピン関係陸軍戦史資料の中から日本軍による性管理と性暴力についての資料を調べ、収めたものである。
防衛省図書館に現存する「日本軍」資料そのものが、「慰安婦」の存在を証明する!
日本軍が残した膨大かつ詳細な資料を、 東京の女性グループが丹念に調べ拾い上げ、ひとつながりの資料としてかたちにした。

●はじめに
 本書は、防衛省防衛研究所図書館に所蔵されている、フィリピン関係陸軍戦史史料の中から、日本軍文書にみる性管理と性暴力をあらわす資料を収めたものである。すなわち、「慰安所」、強姦や暴行についての記述のあるもの、性病(当時は花柳病という呼び方もあった)についての対策や、軍紀風紀をかかげて性犯罪を取り締まろうとするもの、および占領下の現地の証言・状況等をつたえている資料を収録している。
 これは、先に当調査会が発行した『日本占領下フィリピンにおける日本軍性暴力史料集 1941◯1945』(戦地性暴力調査会 私家版、二〇〇〇年)に、その後調査した資料を加え、あらたな視点から編集・構成しなおしたものである。調査の範囲を広げた結果、フィリピンに加えて、中国、台湾、「南方地域」に関する資料も一部、収録した。

 防衛省防衛研究所図書館では、フィリピン関係陸軍戦史史料を、主に「比島」として分類し、ほぼ時期ごとに、「比島進攻」、「比島防衛」、「比島全般」、「比島決勝」等に分けている。さらに、方面軍、師団、連隊、大隊など、部隊別の名称をつけてファイルしている。ただし、一つの簿冊の中に時期や種類などの異なるさまざまな資料が混在しているものもあり、分類は必ずしも厳密ではない。
 フィリピン関係の資料には、「陣中日誌」、「戦闘詳報」、「業務詳報」、「作命綴」など、各部隊の作戦、戦闘の記録や報告、および軍政部・軍政監部発行の「軍政広報」等いわば公的史料、また戦後の「復員関係資料」や、戦史室・戦史部編の聞き取り調査資料など多岐にわたる種類の文書があり、総数でおよそ一五〇〇冊余りと思われる。それらは、戦後、執筆・発表されたものを除けば、敗戦時の資料焼却や、散逸を免れて残ったものであり、軍資料全体から見ると、ほんの一部にすぎない。
 また、これらの資料は、当時の軍の厳重な管理、検閲のもとに記録作成、保存されたものであり、軍の立場が反映されているものと言える。
 さらにそのなかには、現在なお非公開(たとえば「日記」など)とされているもの、当初は公開ないし一部公開されていたのが、今では閲覧禁止となっているものもある。「個人情報保護」などを理由に、たとえば犯罪の記録がまるごと袋綴じにしてあるもの、また「名簿」などを袋綴じした上に複写を貼り、名前部分のみ墨塗りしたものなども多い。簿冊ごと複写禁止、とされている資料も多数ある、というのが現状である。

 しかし、このような状況でも、これらの軍資料のなかから読み取れたものも少なくない。「陣中日誌」や「会報」といった日常的な記録のなかに、「慰安所」の設置・運営管理についての記述が見られる。「皇軍」のための性病予防の方策や検黴検査など、性病対策に関する文書が多数ある。それにもかかわらず、性病が蔓延し、困惑している実情を示す資料も多い。また、占領した日本軍による女性への暴行や強姦、といった事実の記録が多数みられる。
 軍の上層部は、こうした「性的問題」を取り締まるために軍紀風紀の確立を必須として、訓示や命令、勧告等をくりかえし発している。それは逆からみれば、取り締りが容易でなく、絶えず綱紀粛正の戒告を発せざるをえなかったフィリピン占領の実態、状況を示していると言える。
 憲兵隊の「通信(郵便)検閲月報」や、フィリピン人の書翰、また反日運動のビラなどの資料は、現地の側からみた日本軍占領の実態をつたえるものである。

 これらの資料は四章に分け、それぞれ、
   1章  「慰安所」
   2章  性病対策
   3章  「性的問題」の取締
   4章  現地の証言
として構成した。
 またフィリピン以外の資料は各章の末尾にいれた。中国(史料分類では「支那」)、台湾、「南方地域」関係資料(史料分類は「南方」)、「陸亜密大日記」「陸支密大日記」等の資料である。

*なお、一九九二年以降、フィリピンでも日本軍「慰安婦」にされた被害者が多数、名乗り出ている。その証言により、軍資料に記録されている軍管轄「慰安所」のほかに日本軍の各駐屯地(病院、倉庫、工場、市場など)に、日本兵によって現地女性が拉致監禁され性奴隷を強いられた事実があきらかになっている。彼女たちの証言に沿って軍文書の調査をしたが、直接的記録は見いだせていない。
 
戦地性暴力を調査する会

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する