愛する、愛される 【増補版】 デートDVをなくす・若者のためのレッスン7

¥ 1,296

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

愛する、愛される 【増補版】 デートDVをなくす・若者のためのレッスン7

山口のり子(著)
発行:梨の木舎
A5判   126頁  並製
定価 1,200円+税

愛されているとおもいこみ、
暴力から逃げ出せなかった。
愛する、愛されるって
本当はどういうこと? 

おとなの間だけではなく、
若者のあいだにも広がっている。
デートDVをなくすための、レッスン7。

●目次
1.デートDVってなに?
2.DVは力と支配
3.もしあなたが暴力をふるっていたら?
4.もしあなたが暴力をふるわれていたら?
5.女らしさ・男らしさのしばりから自由に
6.恋愛幻想
7.ほんとうの愛ってどんな愛?

●前書きなど
DV対策で最優先されるべきことは、被害者支援ですが、それとともに加害者対策が不可欠であり、それらは車の両輪であると言えます。暴力をふるう男性が変わらない限り、DVはなくなりません。・・・・・中略・・・・・
DVの根源は社会にあります。人々の意識がDVを生み出しています。暴力で問題解決することを、永い間容認してきた社会がDVを許しています。女性への差別を温存し、女性の自立を阻んでいる社会の仕組みを変えることと、ジェンダー・バイアスに基づく人びとの意識を改めることなしにDVの根絶はありませんすべての人びとが「DVは誰にでもおこりうること」であり、「自分自身に関わりのあることだ」ということに気づいたとき、はじめて「DVは許さない」、「DVに言い訳がない」と言えるようになり、暴力の連鎖を絶つことができると言えるでしょう。

●版元から一言
山口さんの本はこれで三冊目です。「DV あなた自身を抱きしめてーアメリカの被害者・加害者プログラム」2001年、「デートDV−防止プログラム実践者のためのワークブック」、そして「愛する、愛される」です。この本で山口さんは、暴力に苦しんでいる若者に、お互いに尊重しあえる人間関係の大切さを提唱、「暴力」克服の道を実践的に提案しております。ぜひ若い人たちに読んでいただきたいと思います。

●著者プロフィール
山口のり子(ヤマグチノリコ)
女男平等を目指して40年。日本及び海外で活動する。シンガポールではDVやセクシャル・ハラスメント被害者支援及び裁判支援に関わり、ロサンゼルスでは、DV加害者プログラムを実施するためのトレーニングを受ける。帰国後2002年にアウェアを開設してDV加害者向け教育プログラムを始める。2003年に「デートDV」という言葉を日本で初めて使って本を出版し、若者向け防止教育を始める。2006年から各種プログラムの実施者を養成している。

上記内容は本書刊行時のものです。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する