旅行ガイドにないアジアを歩く マレーシア

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

髙嶋 伸欣、 関口竜一、鈴木 晶著
発行:梨の木舎

192頁 A5判変型  並製
定価 2,000円+税
ISBN 978-4-8166-1007-3 C0026

紹介
●過去をを見つめ、未来をひらく、1人で歩けるガイドブック。住民虐殺の追悼碑45ヶ所をたずねる。口絵カラー8頁、写真190点、地図20点、収載。

●ガイドは30余年にわたり100回近い旅を重ねてきた高嶋伸欣さんと、二人の高校教師関口竜一さんと鈴木晶さん。

 1977年、マラッカの村の食堂で高嶋さんは地元の人から問われた。「戦争中に日本軍がこのあたりで住民を大勢殺したのを知っているか」。「…知らない」。「それならば案内しよう」着いた所がマラッカ市内の追悼碑だった。…そこで日本の残虐行為の事実にはじめて直面したのである。(あとがきより)


目次
第1章 マレーシア総論
第2章 クアラルン・プール(KL)とその周辺
第3章 ペナン島とその周辺・タイ国境地帯
第4章 ペラ州   
第5章 マラッカとその周辺・ネグリ・セン・ビラン(NS)州
第6章 ジョホール・バルとその周辺
第7章 マレー半島東海岸(関口・鈴木)
第8章 東マレーシア
第9章 もう一つのマレーシア
参考文献・解題


著者プロフィール
高嶋伸欣 (たかしま・のぶよし)
 1942年生まれ。琉球大学名誉教授。高校教諭だった1975年以来、東南アジアでの皇軍による住民迫害を調査。その記述を削除させた検定に対し、横浜で教科書裁判を提訴(1993)。81年度「日本史」教科書検定で沖縄戦住民虐殺の記述削除以来、沖縄戦と教科書問題にも取り組んでいる。

関口竜一 (せきぐち・りゅういち)
 1959年生まれ。埼玉県立高等学校教諭。1988年よりにマレー半島の戦争被害のスタディツアーに加わり、主にマレー半島東海岸における日本軍政の実態を調査。平和のための埼玉の戦争展実行委員。

鈴木 晶 (すずき・あきら)
 1960年生まれ。横浜市立高等学校教諭。大学講師。1995年よりマレー半島のスタディツアーに参加、主に東マレーシア(ボルネオ島)における戦争被害を調べている。アジアフォーラム横浜、教科書市民フォーラムなどの活動にかかわる。

上記内容は本書刊行時のものです。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する