平和のためのハンドブック軍事問題入門 国防軍・集団的自衛権・特定秘密保護法

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

平和のためのハンドブック軍事問題入門 国防軍・集団的自衛権・特定秘密保護法

福好 昌治(著/文)
四六判   134頁  並製
定価 1,500円+税

 第二次安倍政権は2013年12月、国家安全保障会議を創設、特定秘密保護法を成立、14年4月には、武器輸出三原則を廃止した。集団的自衛権の行使を合憲化する動きも活発化している。最終目標は改憲によって自衛隊を国防軍にすることだ。ところが、このような動きを推進している人もそれに反対する人も、アクト(事実)にもとづいて論議しているようにはみえない。まず、事実を正確に把握することからはじめよう。
 Q&Aスタイルで、簡潔に国防軍・集団的自衛権・特別秘密保護法を説明する。

【目次】
はじめに 1
1章 国防軍
Q1 なぜ、いま、国防軍なのでしょう? 10
Q2 自衛隊と国防軍はどうちがうんですか?
国防軍の任務は何ですか? 12
Q3 自衛隊は、旧日本軍や米軍等と同じ性格の「軍隊」なのですか? 14
Q4 ところで、戦争にはいろいろな種類があるんですか? 18
Q5 自衛隊による「国際平和協力活動」とはどのようなものですか? 20
Q6 周辺事態が発生した時、自衛隊には何ができるんですか? 22
Q7 武力攻撃予測事態って何ですか? 防衛出動待機命令が出るんですか? 24
Q8 武力攻撃事態って何ですか?
防衛出動命令が出されるんですか? 26
Q9 こうなると自衛権の発動ということになるんですか? 28
Q10 シビリアン・コントロールって、誰が誰をコントロールすることですか? 30
Q11 旧日本軍で使われた統帥権って何のことですか? 34
Q12 いま官邸の司令塔といわれる国家安全保障会議は何をするところですか? 36
Q13 日本有事になると、私たち民間人も自衛隊に協力させられるのですか? 38
Q14 軍刑法、軍法会議とはどのようなものですか? 40
Q15 自民党が出した「国家安全保障基本法案(概要)」(2012年7月)は
どのようなものですか? 42
2章 集団的自衛権
Q16 集団的自衛権ってどのようなものですか? 46
Q17 自民党は集団的自衛権について、どう説明していますか? 48
Q18 集団的自衛権と集団安全保障はどう違うんですか? 50
Q19 第1次安保法制懇の4類型の①「公海における米軍の艦船が攻撃されたとき、
自衛隊が助けにいかなくていいの?」に答える 52
Q20 第1次安保法制懇の4類型の①「公海における米軍の艦船が攻撃されたとき、
自衛隊が助けにいかなくていいの?」に答える(続) 54
Q21 第1次安保法制懇の4類型の②「米国に向かうかもしれない弾道ミサイルを
迎撃できなくていいの?」 に答える 56
Q22 第1次安保法制懇の4類型の③、④「国連平和維持活動における『駆け付け警護』ができなくていいの?『後方支援』もこれまででいいの?」に答える 58
Q23 第2次安保法制懇の論議「我が国近隣有事における船舶の検査は
できなくていいの?」に答える 62
Q24 第2次安保法制懇の論議「朝鮮半島有事に日本は
支援できなくていいの?」に答える 64
Q25 第2次安保法制懇の論議「原油輸入ルートにおける機雷の掃海活動に
参加しなくていいの?」に答える 66
Q26 第2次安保法制懇の論議「たとえば第2次湾岸戦争がおきて安保理決議が
採択されたとき、自衛隊は参戦できなくていいの?」に答える 68
3章 特定秘密保護法
Q27 MSA(Mutual Security Act)秘密保護法って何ですか? 74
Q28 では、在日米軍の秘密はどのように保護されているのですか? 76
Q29 日米軍事情報包括保護協定(GSOMIA)とは何ですか? 78
Q30 適性評価ってGSOMIAでも規定されているんですか? 80
Q31 日米GSOMIAはなぜ締結されたんですか?
なぜ国会に上程されなかったんですか? 82
Q32 日NATO・日仏・日豪・日英のあいだにも情報保護協定はあるんですか? 84
Q33 特別管理秘密っていうのもあるんですか? 86
Q34 防衛秘密って何ですか? 88
Q35 特別防衛秘密、防衛秘密以外にも自衛隊の秘密ってまだあるんですか? 90
Q36 いったい防衛省・自衛隊はどのくらいの秘密を保管しているのですか? 94
Q37 特定秘密保護法でいう特定秘密って何のことですか? 96
Q38 特定秘密保護法でいう適性評価って何を評価するんですか? 98
Q39 自衛隊情報保全隊とは何をする部隊ですか? 102
Q40 特定秘密保護法の施行と、報道の自由、言論の自由について
どう考えますか? 104
コラム
1 日本の防衛費はいくらぐらいか 16
2 艦船、戦闘機、戦車などの値段はいくらか 17
3 防衛産業はもうかっているのか 32
4 自衛隊員が殉職したら補償金はいくら支給されるのか 33
5 自衛隊員が戦死したら靖国神社に合祀されるのか 60
6 海外で自衛隊員が武装勢力に拘束された場合、捕虜として取り扱われるのか 61
7 自衛隊は国内で捕虜をどう扱うのか 70
8 徴兵制が採用される可能性はあるか 71
9 防衛省における情報公開はどうなっているか 100
10 軍事を研究しない平和学は有効か 106

表①最近5年間の各秘密区分毎の各年末の保管件数、保管点数 95
表②最近5年間の各秘密区分毎の各年毎の指定件数、指定点数 95
表③防衛秘密の各年末の保管件数、保管点数 94
表④防衛秘密の各年末の指定事項数(保有数)及び各年毎の指定件数、指定点数 94
資料
日本国憲法改正草案(抜粋) 2012年4月27日自由民主党 108
国家安全保障基本法案(概要) 111
特定秘密の保護に関する法律(全文) 115

【著者プロフィール】
福好 昌治(フクヨシ ショウジ)
1957年生まれ。軍事雑誌の編集者などを経て、現在、軍事評論家。『丸』『軍事研究』などに執筆している。著書に『別冊宝島Real 自衛隊+在日米軍の実力』(編著、宝島社)、『アメリカ太平洋軍の新戦略』(共著、アリアドネ企画)、『極東有事と自衛隊』(共著、アリアドネ企画)などがある。得意技は速書き。

(上記内容は本書刊行時のものです。)

ISBN 978-4-8166-1401-9 C0031
2014年5月発売

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する