対決!安倍改憲 東北アジアの平和・共生と新型コロナ緊急事態宣言

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

教科書に書かれなかった戦争 PART71
『対決!安倍改憲 東北アジアの平和・共生と新型コロナ緊急事態宣言』

高田健 著
発行:梨の木舎

A5判 並製 173頁
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-8166-2004-1 C3031

市民と野党の共同の現場からの熱い報告。分断を乗り越え、日韓市民の運動の連帯を実現した30ヶ月の記録
推薦:小森陽一 「九条の会」事務局長

(まえがきより)
「安倍改憲」という奇怪な改憲策動とのたたかいがまる3年を迎えようとしている。
憲法9条は残して、あらたに自衛隊の根拠規定を付け加えるという、自民党の改憲運動の歴史から見ても異様な改憲論だ。しかし、この改憲論は変化球であるだけに打ち返すにはいささか容易ではない。
・・・
 本書の刊行を準備している最中、4月7日、安倍首相は「緊急事態宣言」を発令した。このことは、今後の日本の市民運動をとりまく情勢の重大な転機となるに違いない。
本書が全国各地で奮闘している市民運動の仲間たちのたたかいにいくらかでも役に立つなら、この上なく嬉しい。近い将来、安倍改憲阻止の勝利の盃をこうした市民の皆さんとともにかわすことができることを切に願っている。
 2020年4月8日 高田 健

【目次】
1章 連帯と共同の輪を広げる
 安倍独裁改憲=ショックドクトリンとの闘い
 2019年12月5~7日「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」(韓国感江原道春川市での報告)
 日韓市民の連帯運動の前進のために

2章 市民と野党の共闘を再構築
 『週刊金曜日』連載① 2017――2018年の動き

3章 国会内外で続く改憲発議阻止の闘い
 『週刊金曜日』連載① 2019――2020年の動き

資料
 自民党「改憲4項目」条文素案全文
〈日本知識人の声明〉韓国は「敵」なのか
〈韓国知識人の声明〉東アジアにおける平和の進展のために

【著者プロフィール】
高田 健(たかだ けん)
1944年12月 福島県郡山市生まれ
1965年 早稲田大学文学部中退
1999年12月 許すな!憲法改悪・市民連絡会結成(現在事務局長)
2004年6月 九条の会結成を準備
2007年4月 衆議院憲法調査特別委員会中央公聴会の公述人で論述
2014年2月 戦争をさせない1000人委員会結成に際し事務局次長
2014年3月 憲法9条を壊すな!実行委員会結成に参加
2014年12月 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会結成に参加
2015年12月 韓国の第3回李泳禧賞受賞
2015年12月 安保法制廃止と立憲政治回復のための市民連合(略称:市民連合)結成よびかけに参加。運営委員
2016年9月 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表に就任
2017年8月 安倍9条改憲NO!全国市民アクション運営委員
連絡先 101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-3-402
Tel 03-3221-4668 FAX 03-3221-2558 mail kenpo@galaxy.ocn.ne.jp
○著書:『改憲・護憲 何が問題か〜徹底検証・憲法調査会』(技術と人間 2002年12月)、『護憲は改憲に勝つ〜憲法改悪国民投票にいかに立ち向かう』(同 2004年10月)、『9条が、この国を守ってきた。』(梨の木舎 2006年9月)、『自衛隊ではなく、9条を世界へ』(同 2008年10月)、『2015年安保 総がかり行動』(同 2017年3月)
○共著:『中高生からの平和憲法Q&A』(晶文社 2011年8月)など